テラバイト口下手自作PCパーツ情報

アクセスカウンタ

zoom RSS AMDはCarrizoを「第6世代AMD Aシリーズ プロセッサ」として正式発表!

<<   作成日時 : 2015/06/03 20:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Carrizoは、CPU、GPU、メモリコントローラ、サウスブリッジ機能などを全て1チップに統合した、フルSoCとなる(従来のKaveriはサウスブリッジは別チップ)のAPUをAMDから正式発表という情報です。

情報概要(情報提供元記事より一部抜粋)
 AMDは、同社がCarrizoのコードネームで開発してきたAPUを、「第6世代AMD Aシリーズプロセッサ」として発表した。
 Carrizoは、新設計のExcavatorアーキテクチャのクアッドコアCPU、第3世代GCNアーキテクチャの8コアGPU、HEVC/H.265のハードウェアデコードに対応したUVD6、ARMのTrustZoneに対応したセキュリティプロセッサ、サウスブリッジなどを1チップに統合したフルSoC。CPUとGPUの設計手法を見直してダイの利用効率を改善し、従来製品と同じ製造プロセスを利用しているのにも関わらず、性能が向上しながら消費電力を削減した。

詳細は下記情報サイトでご覧ください。
情報提供元の詳細記事は PC Watch



 ノートPC向けのSKUとしては、FX-8800P、A10-8700P、A8-8600Pの3 SKUが用意されている。いずれもTDP(熱設計電力)は35Wになるが、cTDP(Configurable TDP)のレンジは12〜35Wになっているため、IntelのCoreプロセッサのU(15W)と同じ熱設計の筐体に入れて使うことも可能になっている。

 Carrizoは、第6世代AMD Aシリーズ プロセッサというブランド名で呼ばれる製品で、2014年に発表されたKaveriの後継製品となる。Kaveriの前世代はTrinity(2012年6月発表)、さらにTrinityの前世代はLlano(2011年6月発表)なので、実際には4番目の製品となるのだが、AMDはKabini(2013年5月発表)、Beema(2014年5月発表)もAシリーズとして販売しており、これらも数えると6つ目となるため、“第6世代”という表現を使っているのだ。

 IntelのCoreプロセッサは、CPU+GPU+メモリコントローラと、サウスブリッジが別チップとして製造され、パッケージ上で1チップとなる“なんちゃってSoC”なのに対し、Carrizoサウスブリッジも含めてCPUと同じプロセスで製造され、1ダイとなっている。結果的に消費電力の観点から有利になる。

 CPUはExcavatorという開発コードネームを持つクアッドコアプロセッサ、GPUとして第3世代GCNを8コア、メモリコントローラはDDR3-2133まで対応している。GPU内蔵のビデオデコーダーは新世代のUVD6に進化し、新たにHEVC/H.265のハードウェアデコードに対応した。

 GPUに関しても強化され、同社が第3世代GCNと呼ぶ同社の最新世代のGPUが8つの実行エンジン(コア)として搭載されている。512KBのL2キャッシュと、ロスレスのデルタカラー圧縮機能を備えており、メモリ帯域が十分ではない環境でもボトルネックによる性能低下を避ける設計になっている。演算性能は819GFLOPSで、APIとしてDirectX 12 Level12というDirectX12でサポートされる新機能に対応している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
AMDはCarrizoを「第6世代AMD Aシリーズ プロセッサ」として正式発表!  テラバイト口下手自作PCパーツ情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる