テラバイト口下手自作PCパーツ情報

アクセスカウンタ

zoom RSS Intelのデスクトップ向け最新CPU「Broadwell」が計2モデルが予約開始!!!

<<   作成日時 : 2015/06/03 07:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は市販のマザーボードにも搭載可能なデスクトップPC向けのBroadwellは、14nmプロセスで製造される最新世代のIntel CPU4コア/8スレッドの「Core i7-5775C」と、4コア/4スレッドの「Core i5-5675C」がアキバで早ければ6月18日(木)に発売される見込みだという情報です。

情報概要(情報提供元記事より一部抜粋)
 デスクトップPC向けのLGA1150対応Broadwellがいよいよ登場、早ければ6月18日(木)に発売される見込みだ。ツクモパソコン本店、ツクモeX.パソコン館、パソコンショップ アークが4コア/8スレッドの「Core i7-5775C」と、4コア/4スレッドの「Core i5-5675C」(ツクモのみ受け付け)の予約受け付けを開始した。予価は順に税込51,980〜52,700円前後税込38,700円前後

詳細は下記情報サイトでご覧ください。
情報提供元の詳細記事は AKIBA PC Hotline!



 一時は、6月下旬あたりに発売延期のニュースがあったのですが。・・・発売日が早まるといいですね。

 しかし、次の6世代CPUがアナウンスされ、LGA1151に変わるのが数か月後ですから積極的に購入する人は少ないかもですね。

 Broadwellでは、トランジスタ数の増加によるパフォーマンスの向上や、ダイサイズの縮小などによる省電力性の向上が実現。また、内蔵GPUは「Iris Pro Graphics 6200」によってさらに強化、ゲームパフォーマンスの向上や、4K動画のハードウェアデコードへの対応、Quick Sync Videoの強化などを実現した製品になっている。

 対応CPUソケットは従来どおりLGA1150で、Z97チップセットなどを搭載した既存のマザーボードが使用可能。最近発売されたUSB 3.1対応マザーなどでBroadwellへの対応が謳われているほか、旧製品向けの対応BIOS/UEFIも公開されている。メモリも従来のDDR3タイプが使用できるため、HaswellからBroadwellへの移行は難しくはないだろうという。

 発表製品スペック・・・いずれもCPUクロックの倍率は固定されていない。

 ★ Core i7-5775Cの主なスペックは、4コア/8スレッド、クロックがベース3.3GHz、ターボ時最大3.7GHz、キャッシュ容量6MB、TDP 65W。

 ★Core i5-5675Cの主なスペックは、4コア/4スレッド、クロックがベース3.1GHz、ターボ時最大3.6GHz、キャッシュ容量4MB、TDP 65W。


coneco.net最安値情報商品検索
[インテル/Intel] Core i5-5675C BOX 価格・比較 掲載時最安価格(税込):¥38,700
[インテル/Intel] Core i7-5775C BOX 価格・比較 掲載時最安価格(税込):¥51,980

価格.com最安値情報商品検索(ブログ執筆時点ではまだ掲載されていませんが・・・)
インテル(intel) CPU 登録日順製品一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
Intelのデスクトップ向け最新CPU「Broadwell」が計2モデルが予約開始!!! テラバイト口下手自作PCパーツ情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる